外国人のためのお琴・三味線ワークショップ@桜美林大学

毎年恒例となった桜美林大学での「留学生のためのお琴・三味線のワークショップ」を行ってきました。桜美林大学はこれからの国際化に向け、積極的に留学生を受け入れています。

その留学生に向けた日本文化の体験の一つとして、このお琴・三味線のワークショップがあります。

琴・三味線体験授業 チーム牡丹

楽器や歴史の説明、演奏デモストレーションだけでなく、ちょっとでも実際の楽器に触れてもらいたいと、一人一人に「さくらさくら」の演奏を体験してもらっています。

留学生のためのワークショップ チーム牡丹

短い時間ですが、授業が終わる頃にはなんとか、みんなで合奏できるくらいになります!今回は、日本語の先生も「私もやってみたいです!」と体験に参加してくださいました(^^)

チーム牡丹 箏・三味線ワークショップ

この授業の参加希望者が多すぎるとのことで、今回は抽選となってしまいました。外れてしまった留学生のみなさん、ごめんなさい。

留学生のための琴・三味線体験 チーム牡丹

日本にいる間に、和楽器に触れてもらえるチャンスがあると嬉しいなと思います。

生田流牡丹会のチーム牡丹は外国人のためのお琴・三味線出張演奏やワークショップを中心に活動しています。
■ チーム牡丹

◇◆◇ ↓↓お琴教室の詳細はこちら↓↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

お琴の歴史や曲についての専門書

今まで、和楽器に関するマンガや、
伝統芸能に関する小説をオススメしてきましたが、
今回はもうちょっと専門的な本を。

宮城道雄記念館資料室室長である
千葉優子さんの本。
箏曲の歴史について、初心者や一般の方にも
わかりやすく対話形式で書かれています。
学校の音楽の先生にオススメしたい一冊です。

箏曲の歴史入門箏曲の歴史入門
(1999/10/01)
千葉 優子

商品詳細を見る


こちらは箏曲の中でも
「古曲」と呼ばれるジャンルの歌詞解説。
国語の先生が書かれたということで、
黒板に書かれたような形式で説明してあります。
古典好きだったりすると、
あ!こことあそこが繋がっている!
などという新たな発見もあったりすると思います。

箏曲地歌五十選 歌詞解説と訳箏曲地歌五十選 歌詞解説と訳
(2009/01/30)
田口 尚幸

商品詳細を見る


こちらは事典というだけあって、
かなり本格的な情報が。
歴史はもちろん、古曲の歌詞の解説もあります。
この本が一冊あると何かと心強いかと。

箏と箏曲を知る事典箏と箏曲を知る事典
(2009/12)
宮崎 まゆみ

商品詳細を見る


習っている方は、こんな本も読んでみると、
色々と面白い発見があると思いますよ!
初心者の頃は読んでいて
わからないことも多かったのですが、
楽器や曲に対する想いが深まると
お稽古していて楽しいですし、箏曲を通して
あの本を読みたい!
あの舞台を見たい!
あの映画をみたい!
あの曲をお稽古してみたい!
と興味があちこちに広がったりします(^^)
時間がたくさん欲しいですねぇ。

◇◆◇ ↓↓お琴教室の詳細はこちら↓↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

継続するためには?嫌いにならない方法

何かを続けるって難しいですよね。
特にお稽古事は生活に直結するわけではないので、
ついつい優先順位が低くなってしまいます。

3314090.jpg

しかも楽器は練習しないと上達しないので、
壁にぶつかり「できない」と落ち込んだり、
体調を崩し、練習できなかったり、
練習する時間が思うように取れなかったり、
と様々な問題がやってくるときがあります。

そんな時、焦るあまりに続けること自体が
イヤになったことがありませんか?
私はこれで多くのことを挫折してきました。。。

そこで、こういう時には
無理して頑張ってもあまり成果が上がらないので
「関係のあることで現実逃避」して
適当にやり過ごした方が良いのでは?
という結論に至りました。

この時に全く関係ないことで現実逃避すると、
違うことに興味が行ってしまうので、
何か関連することで現実逃避するんです。

お琴につまづいたら、三味線をやってみたり、
楽器そのものを触るのが辛かったら
関連する本を読んでみたり、歌詞の意味を調べたり、
人の演奏を聴いたり、舞台を見たり、
着物の手入れをしてみたり、歌を歌ってみたり。

そうやって関連しているけれど、
ちょっと違う分野でその時にできることをやっていると
「やりたい!」という気持ちが素直に湧いてきたり、
ぶつかっていた壁に対するヒントが閃いたりすることも!

楽しいけれど、苦しいこともある。
そんな時に上手く気持ちを切り替えて、
少しでも継続できたらいいですね!(^^)

◇◆◇ ↓↓お琴教室の詳細はこちら↓↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

櫛かんざし美術館で「鼈甲」について思う

GWに青梅の澤乃井園に行ったのですが、
ここでは大自然とお豆腐料理、日本酒を楽しむ他に、
美術館も併設されています。
(その時の記事はこちら)

この澤乃井園にあるつり橋を渡ると、
対岸に「櫛かんざし美術館」があります。
豆腐料理「ままごとや」で食事をしたら割引券を頂きました。

529.jpg

蔵作り風の建物にかんざしのオブジェ。
江戸から昭和に至る4000点のコレクションを所蔵しており
季節に合わせて常時400点が展示されているようです。

528.jpg

美術館の中から眺める景色も絵画のようで綺麗~。

530.jpg

かんざしの素材としては「銀」「珊瑚」「べっ甲」
「象牙」などの細工を見ることができました。

531.jpg

特に「べっ甲」を使用したものに惹かれました。
花魁さんが髪に挿しているかんざしの素材です。
細工もすごいなーと思うのですが、
ついつい、「べっ甲」素材そのものに目がいってしまいます。
それに、象牙を使ったものも。

と言うのも、地歌三味線の撥(バチ)に使われるのが
「べっ甲」か「象牙」なんです。

現在はワシントン条約で取引が禁止されていますが、
「べっ甲」や「象牙」は昔から楽器に、
装飾品にと大変重宝されていた素材だったんですね。
「べっ甲」の素材となるウミガメの一種
タイマイの剥製なども置いてありました。

地歌三味線とべっ甲の撥

かんざしに「べっ甲」が使われているのは、
デザイン性もさることながら
繊維の方向性のため、髪に挿した時に
簡単にはずり落ちてこないという特性もあるんだそうです。

また熱を加えるとしなやかに形を変えるので
細工や修理もしやすいようです。
だから三味線の撥としても良いのでしょうね。
素材が良いものは、時を経ても素敵な艶でした。

と、装飾品を見ていたはずなのに、
すっかり頭の中は三味線の撥のことでいっぱいになってしまいました(^^;)
なのでもう一回ちゃんと見に行きたいと思ってます。

この近くには「青梅きもの博物館」があるので
そちらも観に行きたかったのですが、
残念ながら休館日で行けませんでした。。。

次回は是非行ってみたいです!

■ 櫛かんざし美術館
■ 青梅きもの博物館

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

やっぱりこの劇場が好き!新歌舞伎座

新歌舞伎座がオープンしてからだいぶ経ちましたが
皆さんはもう行かれました?
私もやっと行くことができました!

既に行かれた方に聞いた話通り、
新しくなっても昔の良さは残してあり、懐かしい雰囲気(^^)

新歌舞伎座

駅直通で地下にもお店がいっぱい。
お土産屋さんが増えました。

新歌舞伎座地下

地下からは屋上庭園と歌舞伎ギャラリーへと
続くエレベーターがありました。
屋上庭園を見ながらお茶できるカフェが
あったのですが、満席だったので残念ながら断念。

新歌舞伎座屋上庭園

私がチケットを取るのは三階席が多いです。
勾配があって舞台全体が見渡せ、
オペラグラスを使えばお気に入りポイントを
じっくり観ることができます。しかも安いです(^^)
だから早くに売れてしまうんですけどね。。。

ただ、前より少し広くなったとは言え、
少々大柄な人には足がいっぱいいっぱいかな?
着物だと席を移動する時などはちょっと不便かもしれません。

エスカレーターとエレベーターが設置されたので
お年を召した方、車椅子の方も多かったです。

新歌舞伎座三階席

お目当ての演目は第三部の京鹿子娘二人道成寺。
この演目は何度観ても飽きません。
バックには三味線(長唄三味線)、お囃子の方がずらりと並び、
玉三郎さんと菊之助さんお二人が舞います。
本当に美しくて、会場からもお客様の熱気が伝わってきます。
衣装替えも多いし、見所満載です!
初めての方にも是非オススメしたい演目です。

新歌舞伎座演目

ロビーには明治時代の洋画家、亀井至一さん
が描いた山茶花の局(美人弾琴図)が。
あれ?以前もこの絵ありましたっけ?見逃していたのかな。
現代のお箏とはちょっと違いますね。

新歌舞伎座 お琴の絵

歌舞伎は物語、役者さん、衣装、唄、和楽器、
踊り、舞台美術と様々なものを一度に観られて楽しめる
私にとっては最高に贅沢な空間です(^^)
今度はいつ行けるかな。

歌舞伎チケットはこちらからどうぞ
■ チケットWeb松竹

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

にほんブログ村

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

プロフィール

立川富美子

Author:立川富美子
♪音で繋がる楽しさを♪
お琴・三味線日曜教室

琴は和楽器の中でも
初心者に優しい楽器。
音が綺麗なので弾いていて
とっても楽しいです。
合奏すると仲間もできて
さらに楽しみが増えますよ♪

楽器は苦手と思っている方、
初心者大歓迎です♪

東京都八王子市久保山町
敷地内駐車場完備

■アクセス■

八王子駅よりバスで20分
バス停より徒歩2分

日野駅よりバスで12分
バス停より徒歩3分

JR八高線「小宮」駅より
徒歩15分(送迎有)

日曜日 10:00~19:00
月謝 25分×4回 7000円
 50分×2回 7000円
入門料 4000円
体験レッスン 1000円

■お問い合せはお気軽に■
お教室の詳細はこちら
体験の様子はこちら

★ただ今、生徒さん募集中★
まずは体験に来てください!
TEL:042-692-3664

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おススメ情報


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
更新履歴


小さな生徒さんの初顔合わせ (05/22)

どんな事に楽しさを感じる? (05/15)

YOKOTA WEST ELEMENTARY SCHOOLで琴のワークショップ (05/07)

箏曲の古典「春の曲」 (05/01)

生徒さんの着付け練習 (04/24)

生徒さんのお仕立て着物いろいろ (04/17)

お琴の生徒さん、三味線を始めました! (04/10)

生徒さんとお孫さん (04/03)

お琴と三味線の出張演奏再訪@練馬高松園 (03/29)

2017年生田流牡丹会の温習会 (03/20)

総記事数:
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
プチ月別アーカイブ