お琴って持ち運びできるの?

浴衣ざらいが近づいて参りました。
さて、こういった演奏会がある場合、
自分の楽器は自分で運びます。
お琴って大きそうだけど、どうやって運ぶの?
と質問をされることも多いですし、
初めて会に参加される方は戸惑うことも多いので、
今回はお琴の持ち運び方について。

これが完成形。
ちゃんと運搬用のカバーがあります。
お琴のビニールカバーの右の方に
名札をいれる場所がありますね。
この位置はお琴を入れる時に重要なポイントです。
お琴の糸が巻かれている場所、
「龍尾(りゅうび)」が上になるように入れます。

お琴の持ち運び

まず上の写真で名札入れの位置を
頭に入れておいて、お琴の持ち運び用の
ビニール製のカバーを開きます。
その上に油単(ゆたん)と呼ばれるカバーを広げます。
これも方向があって、閉じてある方に
口前(龍頭のカバーで覆われているところ)がきます。

宅配便で送る場合は油単に包む前に
緩衝材を入れたりして、さらに保護した方が良いです!
私はプチプチを入れたのにも関わらず、
かなり傷だらけになってしまったことがあり、
ショックでした。。。
特に龍角(糸を支えている場所)などは
厳重に保護してください。

お琴を油単にくるむ

ちなみにこの油単、普段はお稽古が終わった後に
琴柱を外し、お琴を包み立掛けて置くものです。
そうするとホコリも防げるし、日焼け防止になります。

インテリアとしても素敵ですよね。
ただ、私は毎日琴柱を外して、
わざわざ油単で包むのが大変なので、
日々使うお琴は日の当たらない場所に
むき出しで置いてあります。。。(^^;)

お琴の運搬方法

カバーに入れたお琴を立掛けてみるとこんな感じ。
この時に龍尾(名札を入れる場所)が上になるように。
龍尾は丸くなっていて形も不安定なので
龍頭が下になるようにします。
180cmあるのでかなり大きいですね。
ただ、お琴の中身は空洞なので
重さは6kgくらいです。

お琴の大きさ

水平にして持つと横にびよーんと
180cmの琴がせり出すので、
人ごみの中ではこんな感じに
両手で支えながら持つことになります。
なので、琴柱や譜面台など他の荷物はひとつにまとめ、
肩から下げられるバッグにした方が良いです。

こんな状態なので、電車の中では目立つらしく、
お琴をやってらした方に結構、
声を掛けられることがあります(^^)

お琴の持ち運び

車やタクシーに乗せる場合は
助手席を倒してこんな感じに乗せます。
タクシーによっては助手席を
倒せない車もあるので注意が必要です。

お琴を車に乗せるには

慣れるとお琴の持ち運びも
そんなに苦じゃなくなりますが、
最初は歩くのも大変ですし、
エスカレーターや階段も怖いので
到着時間には余裕を持って
気をつけて行きましょうね。
当日は暑すぎず、雨が降らないことを祈ります~。

◇◆◇ ↓↓お琴教室の詳細はこちら↓↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

今週末は花火大会目白押し♪

いよいよ花火シーズン真っ盛り。昨日の葛飾の花火大会はゲリラ豪雨で残念でしたね。。。さて今週末の東京では花火大会が3つもあります!

256.jpg

◆ 隅田川花火大会
墨田区 約2万2500発

◆ 立川国営昭和記念公園花火大会
立川市 5000発

◆ 八王子花火大会
八王子市 約3500発

隅田川花火大会はTV中継でもおなじみの大きな花火大会で、花火の打ち上げ数も桁違いですが、それにともない、かなりの混雑がつらいところです。。。しかも八王子からだと遠いので二回しか行ったことがないです。でも良い場所が取れたら最高ですよね!

立川昭和記念公園の花火大会は、八王子からも近いし、会場が広い公園なので、あまり混雑を意識しなくてゆったり見ることができて好きです。ウチから10分くらい歩くと高台があり、多摩川と花火が見えるスポットがあるので、そこから見ることもあります。

そんな中、八王子花火大会は打ち上げ数は多くないけれど、都心の大混雑に比べたら、かなりゆったりと楽しめました。野球場に入れたらものすごく近くで見ることができるのもオススメポイントかな。

去年の八王子花火大会の様子はこちら
■ 2012年八王子花火大会

花火大会があると町中浴衣の方が溢れるので、それだけでも見ていてワクワクしますね~(^^)。お天気が良いといいですね。みなさんはどちらの花火大会に行きますか?

こちらは私が花火大会に着たい浴衣。衿芯が硬すぎて衿元が浮いてしまった。。。(^^;)

587.jpg

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓

にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

平家落武者屋敷を移築したお店で鰻@八王子瓢箪

小さい頃から気になっていたお店があります。八王子駅近くの放射線通りにあるんですが、なんとなく気軽には入れないような不思議な佇まい。今回、勇気を出して初めて入ってみました。

583.jpg

このお店は表と裏に両方入り口があります。私が今回席についたのは1階北側玄関口「小上がり」。店内は重厚な雰囲気です。後で調べたら、能登から平家の落武者屋敷を移築した造りになっているようです。3階建てで、個室やお座敷もあってそちらも覗いてみたかった。

584.jpg

会席料理だけの高級料理店なのかと思っていたら、ランチには気軽に食べることのできるお弁当も。

こちらは地鶏瓦焼きと蒸しうなぎの丼「六瓢弁当」です。鰻も地鶏も甘さ控えめの上品なお味でした。茶碗蒸しも付いてるのでボリュームもしっかり。これで1000円は思ったよりリーズナブル!

585.jpg

小上りの建具を見ると「獅子と牡丹」が。この「獅子と牡丹」は伝統芸能ではよく出てくる題材ですね。歌舞伎で髪をつかんでぐるぐる回すのはこの獅子(想像上の生き物)です。この獅子、なんで牡丹とセットなのでしょう?

実はこの獅子、百獣の王と言われていますが、身体に寄生する虫が大の弱点なのです。寄生していながら、宿主の命を奪うという罰当たりな虫です。獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)ということわざは、内部にいながら害をもたらす者や、恩を仇で返す者の意味があります。

この寄生虫の薬となるのが牡丹の花に溜まる夜露なんです。なので獅子は牡丹と一緒にいると気持ちが安らぐんですね。この建具が平家の落武者屋敷にあったのかと思うと、なんだか色々な想像をしてしまいます。

ちなみに、筝曲でも獅子モノと言って「八千代獅子」「難波獅子」「御山獅子」とあるんですが、あまりここで言う獅子の意味は出てこず、おめでたいものの象徴的な扱いなのかなぁと。「石橋」はそのものずばり、歌舞伎の演目と繋がりがあります。と、色々と想像が駆け巡る古典って面白いですっ(^^)

586.jpg

土用の丑の日はこんな素敵な場所で鰻もいいですね。

■ 季節料理 瓢箪

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓

にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

今やらなきゃ!衰える自分との戦い。。。

最近ちょっと涼しくなってきて
過ごしやすくなりましたね。
来月には浴衣浚いもあるので、
練習も本格的に気合を入れねばっ!
というところですが、暑さもあって
少々バテ気味なワタシ(^^;)

しかも日々、記憶力や体力が衰えている。。。
と感じる今日この頃です。
私の年でそんな事を言ってると
大先生に怒られそうですが。。。

そんな時は子供たちの元気な姿が眩しいです。
体力もあって、記憶力も良くて
「ええ?もうできちゃったの?」と思うこも。

外国人の小学生お琴体験 チーム牡丹

大人になってから始めた私としては、
正直、もうちょっと早く始めれられれば
良かったかなぁと思うこともしばしばあります。
30歳を過ぎたらやりたい!と思った時は、
何でもやってみた方がいいですね。

しかし、子供から始めて
大人までキープし続けるのは、
これまたなかなか難しい。
大人から始めたからこそ、
続けられたのかな?とも思います。

日々、身体や脳の衰えを感じるからこそ
「今やらなきゃ!」
という気持ちになるんですよね。
「年をとってからの身体と頭は
使わなきゃもっと錆びるわよー。」
という大先生の言葉が身に染みます。

大人のお稽古は老化との戦いですね(^^;)
だけど、成長できるものを持っていることは、
それだけで楽しいし、励みになるもんですね。

◇◆◇ ↓↓お琴教室の詳細はこちら↓↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

見た目も風流な竹羊羹@寛永堂八王子

連日暑い日が続きますね。八王子あさがお市の時に放射線通りを散策していると、浴衣姿での呼び込みする店員さんが。可愛い~(^^)こちらのお店、新しくできた京都の御菓子処「寛永堂」でした。

580.jpg

まだオープンして間もないので綺麗な店内。黒豆を使ったお菓子がメインのようです。ダイエットで黒豆が注目を浴びてブームなのかな!?

582.jpg

試食で黒豆茶と大納言清澄を頂きました。大納言清澄は見た目よりも甘さが控えめで、口どけのよい上品な味わいでした。

581.jpg

七夕の季節限定で竹羊羹を販売していたので購入。竹の筒に入っているだけで美味しそうに見えますね。今年は竹の生育が悪く、数が少ないのだとか。

579.jpg

これは竹の裏側に穴を開けて、トントンと叩くと水羊羹がつるんと出てきてます。フォークでも穴が開きますと言われたけれど、結構硬くてキリのようなものがあった方が良い感じです。ちょっと手間はかかりますが、竹の風味も感じられて大好きな一品。

八王子にまた新しい和菓子屋さんが増えて嬉しいです(^^)

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓

にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

プロフィール

立川富美子

Author:立川富美子
♪音で繋がる楽しさを♪
お琴・三味線日曜教室

琴は和楽器の中でも
初心者に優しい楽器。
音が綺麗なので弾いていて
とっても楽しいです。
合奏すると仲間もできて
さらに楽しみが増えますよ♪

楽器は苦手と思っている方、
初心者大歓迎です♪

東京都八王子市久保山町
敷地内駐車場完備

■アクセス■

八王子駅よりバスで20分
バス停より徒歩2分

日野駅よりバスで12分
バス停より徒歩3分

JR八高線「小宮」駅より
徒歩15分(送迎有)

日曜日 10:00~19:00
月謝 25分×4回 7000円
 50分×2回 7000円
入門料 4000円
体験レッスン 1000円

■お問い合せはお気軽に■
お教室の詳細はこちら
体験の様子はこちら

★ただ今、生徒さん募集中★
まずは体験に来てください!
TEL:042-692-3664

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おススメ情報


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
更新履歴


生徒さんの着付け練習 (04/24)

生徒さんのお仕立て着物いろいろ (04/17)

お琴の生徒さん、三味線を始めました! (04/10)

生徒さんとお孫さん (04/03)

お琴と三味線の出張演奏再訪@練馬高松園 (03/29)

2017年生田流牡丹会の温習会 (03/20)

谷崎潤一郎と残月 (03/13)

お箏の印付けの時にできる傷 (03/08)

コキリコ節とささら (03/01)

2017年生田流牡丹会 温習会のお知らせ (02/22)

総記事数:
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
プチ月別アーカイブ