10月国立劇場歌舞伎 平家物語と獅子と牡丹

10月に国立劇場で行われた
一谷嫩軍記(いちじょうふたばぐんき)と
春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)を
観に行ってきました。
久しぶりの観劇です(^^)/

着物を着て行こうと思ったのですが大雨で挫折。
しかし会場にはたくさんの着物の方々。
昔より着物姿の人が増えてきたなーと思いました。
見ている方も華やいだ気持ちのなるのでいいですねー♪

693.jpg

一谷嫩軍記(いちじょうふたばぐんき)

平家物語の「熊谷直実が平家の敦盛を討った後に出家した」
ことを題材としています。
歌舞伎ではこの事実に敦盛が実は
後白河院のご落胤(今で言う私生児)という設定が加わり、
さらに物語を深くしています。

どーも私は軍記モノが苦手です。
婚姻関係などで人間関係が複雑に入り混じっていて、
誰が誰に対して味方で敵で?
と整理がつきません。。。
それを探ろうとすると、あっちにもこっちにも
物語が飛び火するし。
なので予習しようと思っても脳が拒否。

この物語では義経が熊谷直実に
敦盛を討てと命令するのですが、
義経は美しい若武者のイメージ、
同じく敦盛も笛の名手で若武者のイメージ。
さらに熊谷直実の息子も敦盛の替りとして登場するので、
物語の途中で混乱したり。。。(^^;)

また、各人それぞれの物語が隠されているので、
それをわからないと面白みは半減。
軍記モノはイヤホンガイドを借りた方が
絶対面白いのですが、そうすると義太夫を聴けないし。。。
物語を語る義太夫も言葉として聴いているというより
「いい声だなー」なんて聴いているので、
あまりストーリーとして頭に入ってこないのです(^^;)

ということで、途中混乱しながらも、
そのまま舞台を観て、家に帰って
疑問に思ったことを調べてみます。
そこでやっと「ああ、そうだったのかー!」
と腑に落ちたり。遅いって(^^;)
なので、もう一回同じ舞台を観たくなるんですね。

大雑把なあらすじしかわからなくても、
忠義のために、自分の子供を
殺さなければならない話ですから、
泣かずにはおれません。
松本幸四郎さんの息子、染五郎、
その息子の金太郎君がその役割を
演じるということがまたポイントですね。

舞台演出も遠近法を使っていたり、
人が演じる馬が颯爽と登場したり、
役者さんの豪華な甲冑姿など、
視覚的な見所も満載でした。

春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)

長唄の踊りの演目です。
歌舞伎と一言に言っても色々なジャンルがあります。
軍記モノ、世話モノ、能モノ、舞踊などなど。
私は歌舞伎の中でも特に舞踊が好きです!
三味線に鳴り物と和楽器勢揃いで、
踊りも観られるんですもの。

舞踊の伴奏で登場する三味線は何種類かあります。
これも演目によって違います。
義太夫、常盤津、清元、地唄、長唄など。
この演目では長唄三味線が使われています。

小姓という御台所などに仕える若い腰元が、
鏡開きの余興として一曲踊らされる、
という場面設定ではじまります。

まずは小姓役の染五郎さんの踊りがあります。
気が進まないので無理やり踊らされている
という設定なんだそう。
それがなんとも色っぽいんです。

次に胡蝶の精として
染五郎さんの息子、金太郎くん(8歳)と
中川中車(香川照之さん)の息子、団子くん(9歳)の
踊りが可愛らしいのなんの。
この年でもこんなに踊れるんだとびっくり。
染五郎さんの踊りは美しさで人を惹きこみましたが、
子供たちは会場中の母性を鷲づかみでした(^^)

小姓は獅子の精に乗り移られ、獅子に変身します。
可憐な少女と勇壮な獅子を踊り分けるって難しそうですね。
この瞬間から会場はさらに大盛り上がりです。
お客様の拍手って正直ですねー。
手を叩かずにはいられない気持ちになってしまいます。
久しぶりの観劇、楽しかったです!
歌舞伎を観た後は三味線が弾きたくなりますー(^^)

一谷嫩軍記では
「獅子身心の虫」という言葉が出てきました。
平家物語と獅子と牡丹の関係についてはこちら
■ 平家落武者屋敷を移築したお店@八王子瓢箪 

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

広大な庭と囲炉裏のある「ごん助」@高尾

週末の台風が心配ですね。
秋はどこへ行ってしまったのでしょう。。。

さて、今月は庭続きです(^^)
八王子や高尾エリアには庭園が
見事なお店がたくさんあります。
その一つ、囲炉裏焼き「ごん助」。
地元ではとても有名なお店です。

昔話に出てくる建物を意識して建てられたようで、
広大な敷地に池があり、離れがあり、母屋があり、
まるで昔話のテーマパークのようです。

しょ、しょ 証城寺 証城寺の庭は
つ、つ、月夜だ みんな出て 来い来い来い♪
と「証城寺の狸囃子」がぴったりの雰囲気~(^^)

688.jpg

この地図の右端にあるのは「山の神」。
その時のブログはこちら
■ 蔵屋敷で頂く田舎料理「山の神」

こちらは離れ。長屋のような雰囲気もあります。
昼間だったら建物の外観や
お庭もじっくり観て楽しめますね。

686.jpg

中はこんな風になっています。
どのお部屋からもお庭が眺められます。

687.jpg

私達は今回、母屋の方でした。
どっしりとした造りでとにかく広いです!

684.jpg

エントランスも懐かしい田舎の雰囲気。
古く見えても廊下には床暖房が。

685.jpg

母屋の方は掘りごたつ席でした。
こちらからもお庭が眺められます。
ちょうど寒くなってきたので
炭火の暖かさが心地よかったです。
料理はコースになっていてこちらは前菜。

691.jpg

メインの焼き物色々。
お肉も美味しいですが、海老とハマグリと
焼いたお餅が美味しかった~(^^)

690.jpg

このじゅうじゅう焼けていく感じがいいですね。
煙が出るので、着物で行く場合は
臭いがついても気にならないモノがオススメです。

689.jpg

この他に煮物やこんにゃくの田楽、
焼き物の後には麦とろろご飯と
お味噌汁、デザートが付きました。
既にお腹いっぱいでしたが
麦とろろご飯が美味しくておかわりしちゃいました(^^)

692.jpg

これからの紅葉シーズン、
高尾山に来たらオススメですよ!
きっとお庭も紅葉して綺麗でしょうね。
なんと離れはワンちゃん連れもできるそうです。

■ 高尾山名主 いろりの里 ごん助

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

楽しさは後からじわじわやってくる

先日台風で大きな被害があったばかりなのに、
また大型台風が接近しているようで心配です。。。
被害が少なくすみますように。

昨日は10月初旬に開催された
「かつしか国際祭り」の打ち上げに呼んで頂き、
津田沼教室の方々と楽しい時間を過ごしました♪
本番までは練習だったり準備だったりと大変ですが、
終わった後の打ち上げっていいものですね~(^^)

703.jpg

打ち上げの様子はこちら ■ 生田流牡丹会ブログ

今回、弾いている最中、とっても楽しかったのですが、
弾いている時に楽しめるというのは非常に稀で、
私の場合、ほとんどは楽しむ余裕なく「必死」デス。。。
楽しみたいと練習も準備もして挑みますが、
結局本番は「必死」デス。。。(^^;)

でも数十回のうち一回くらいは
ボーナスチャンスみたいな時が訪れてくれて、
本番の演奏を楽しむことができます(^^)

「え~それ以外は練習もツラくて本番もツライの?」
と思ってしまいそうですが、本番までツラかった時は、
終わった後の安心感と達成感があります。

不思議なものでイベントの楽しさは、
その瞬間や直後よりも1年後、2年後、
さらには5年後と時が経つほどじわじわと
「あの時は楽しかったなー」と
思い出すものなんだなぁと。
そして大変だった時ほど
思い出は強く残るものですね。
「良くやった自分!」と(^^)

ある程度年月が経ってそう思えると、
その蜜を求めて、この先もそのずっと先のために
頑張ってみたいなと思えるようになるもんですね。

施設などで演奏すると、お琴や三味線を
やっていらした方は当時を思い出すのでしょうね。
「先生が厳しくてねー、大変だったのよ。」
と言いながら懐かしみ、涙する方が多いです。

「モノより思い出」プライスレスですね(^^)

◇◆◇ ↓八王子教室の詳細はこちら↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

着物でお出かけしたい庭園文化フェスティバル

先日、ブログで「庭園好きなんです」と書いたら
「多摩地区に素敵な庭園あるよー」と
情報を頂きまして、早速行ってみました。
国分寺の殿ヶ谷戸庭園。

先日のブログの記事
■ 日本庭園ラブ♪で室内になんちゃって坪庭自作

679.jpg

この庭園は「回遊式林泉庭園」というスタイルなんだそう。
ん?なんだか聞きなれない言葉。
回遊式庭園とは、日本庭園の形式のひとつで、
園内を回遊して鑑賞する庭園のことだそう。
それに林泉とあるので林と泉が
中心となっている形式のことなんでしょうね。

入口を入るとまず目に入るのが芝生のお庭。
お庭は和洋折衷になっていて、
ここは西洋エリアです。

680.jpg

歩いていくと竹林があり、池が見えてきます。
この崖は武蔵野の自然の地形を利用したもので
崖の上には「紅葉亭」という庵があります。
その名の通り、紅葉の季節がとっても綺麗とのこと!

681.jpg

紅葉亭から見える眼下の景色も素敵ですねー。

681.jpg

お弁当を買ってきてぼーっと
お庭を眺めていたいです。

678.jpg

紅葉にはまだ早かったのですが、
秋の七草は咲いていました。
万葉集の山上憶良の歌で読まれたものが
「秋の七草」となっています。

秋の野に咲きたる花を指(および)折りかき数ふれば七種の花。
萩の花 尾花(をばな)葛花(くずはな)
瞿麦(なでしこ)の花 女郎花(をみなへし)
また藤袴(ふぢはかま)朝貌(あさがお)の花。
尾花はススキ、朝貌の花は桔梗とのこと。

筝曲(お琴や三味線の曲)にも
「秋の草」「秋の庭」「秋の夜」「秋の曲」
「嵯峨の秋」「虫の音」「秋の言の葉」など
他にもたくさん秋にちなんだ曲が多いなー
と思いながら佇んでみました(^^)

683.jpg

この庭園、大正2年(1913年)に作られた別荘で、
昭和4年に三菱財閥の岩崎家の所有になり、
その後昭和49年に都が買収し、
整備後、有料庭園となったそうです。

園においてあったパンフレットを見ると、
平成25年10月26日~11月3日
「庭園文化フェスティバル」なるものが開催されるのだそう!

東京都内の9つの庭園で庭園の歴史や
伝統、江戸の文化に触れる
様々なイベントが組まれているそうです。
9つの庭園とは浜離宮恩賜庭園、旧芝離宮恩賜庭園、
小石川後楽園、六義園、向島百花園、清澄庭園、
旧古河庭園、旧岩崎邸庭園、殿ヶ谷戸庭園。
名だたる庭園ばかりですね!

着物の方に嬉しい和装特典もありますよー。
庭園に着物に江戸文化と私の好きなものだらけだわー!
とテンションアップです☆
紅葉の季節、着物てお出かけしたい方にオススメです。

■ 庭園文化フェスティバル
■ 殿ヶ谷戸庭園

◇◆◇ ↓お琴教室の詳細はこちら↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

50年ぶりに復活した八王子大善寺のお十夜

秋晴れお気持ち良いお天気から一転、
今週末は急激に冷え込むようですね。
さて、この時期には各地で
秋祭りが予定されていますね。

とてもローカルな情報ですが、
今週末、八王子市の大谷町では
「お十夜」が開催されるそうです。

677.jpg

「お十夜(おじゅうや)」って何でしょう?
私は初めて耳にしました。
毎年10月から11月にかけて浄土宗のお寺で
多く行われている法要のことだそうです。
お念仏ではあるのですが、
ちょうど収穫祭の時期にあたることから、
近年、神社のお祭りと同じように、
自然の恵みを感謝する
賑やかなお祭りとなっているようです。

大善寺が大横町にあったころ(今から50年ほど前)
大善寺のお十夜は、関東三大十夜の一つとして
辞書に載るほどの行事で、
いわば八王子地域全体のお祭りだったそうです。

母に当時のことを聞いたら、
サーカスも来ていたらしいとのこと。
サ、サーカス!?びっくり。
1961年に大谷町に移ってからは
その行事がなくなって去年、
50年ぶりに復活となったようです。

【行事&催し】

・10:00 ~ お十夜太鼓
・11:00 ~ 12:00 十夜法要~諷誦文
・13:30 ~ 14:30 お寺の学校文化講座
 講師/松平 定知 師(元NHKアナウンサー)
 講題「その時歴史が動いた」
・15:00 ~ 16:00
「奉納演芸」南米アンデスの音楽 フォルクローレ
・17:00 終了

屋台も出るようです。
50年ぶりに復活を目指したこのお祭り。
ご近所の方は覗いてみてはいかがでしょうか?


大きな地図で見る

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

プロフィール

立川富美子

Author:立川富美子
♪音で繋がる楽しさを♪

琴は和楽器の中でも
初心者に優しい楽器。
音が綺麗なので弾いていて
とっても楽しいです。
合奏すると仲間もできて
さらに楽しみが増えますよ♪

楽器は苦手と思っている方、
初心者大歓迎です♪

東京都八王子市久保山町
敷地内駐車場完備

■アクセス■

八王子駅よりバスで20分
バス停より徒歩2分

日野駅よりバスで12分
バス停より徒歩3分

JR八高線「小宮」駅より
徒歩15分(送迎有)

日曜日 キャンセル待ち
水曜日 9:00~19:00
木曜日 9:00~10:00
月謝  50分×2回 7000円
入門料 4000円
体験レッスン 1000円

■お問い合せはお気軽に■
お教室の詳細はこちら
体験の様子はこちら

★ただ今、生徒さん募集中★
まずは体験に来てください!
TEL: 042-69-3664
Mail:kotofumiko@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おススメ情報


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
更新履歴


牡丹会のinstagramが開設されました (06/21)

習い事を辞めたくなる時 (06/12)

教室名とお稽古日変更のお知らせ (06/01)

小さな生徒さんの初顔合わせ (05/22)

どんな事に楽しさを感じる? (05/15)

YOKOTA WEST ELEMENTARY SCHOOLで琴のワークショップ (05/07)

箏曲の古典「春の曲」 (05/01)

生徒さんの着付け練習 (04/24)

生徒さんのお仕立て着物いろいろ (04/17)

お琴の生徒さん、三味線を始めました! (04/10)

総記事数:
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
プチ月別アーカイブ