囲炉裏の意外な活用法!?

今日は冷え込むと言われていましたが、
思ったより暖かいですね。
これからもっと寒くなる。。。
そんな時に囲炉裏があると、暖かそうですよね。

実はウチのお教室には、囲炉裏があるんです!
しかし元々、囲炉裏は天井が高く、
呼吸する昔の住宅に適したもの。
高気密の現代の住宅では、
天井に排気を作らないと
実際に使うのはちょっと難しいです。

なので囲炉裏として、というよりは、
大きなテーブルとして活用しています。
普段は、生徒さんや合奏に来たメンバーと
ここでお茶を飲んだりしています。

この囲炉裏を購入した時には、まだ
三味線を始めるなんて思ってもいなかったのですが、
なんとこの空間、三味線にぴったりじゃないですか?

715.jpg

三味線は椅子に座って弾くより、
正座の方が楽器が安定します。
なので普段は正座なのですが、
お琴より三味線の方が足がしびれる頻度が高く、
長い時間お稽古する時は、この囲炉裏&畳椅子が
とっても活躍してくれています。
正座したり、足を伸ばしたりと交互に(^^)

713.jpg

フォームを確認しながらお稽古したい時は
やはりしっかり座って鏡の前で。
こちらは普段使っているお稽古部屋です。

714.jpg

このお稽古部屋にある坪庭の枠に使っている木、
実は囲炉裏の中にあった灰を入れる場所を囲う枠なんです。
本来の使い方とはちょっと違ってしまいましたが、
こんなアレンジもどうでしょうか(^^)
坪庭についてはこちらの記事もどうぞ。
■ 日本庭園ラブ♪で室内になんちゃって坪庭自作

お琴だけでなく、三味線の体験も
受け付けていますので、
どうぞお気軽にお問合せくださいね(^^)

◇◆◇ ↓↓↓当教室の詳細はこちら↓↓↓ ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

ガーデニング屋さん併設のカフェでお茶♪@日野

そろそろ、落ち葉の季節ですね。
ご近所さんは、どのお家も
お庭の手入れが行き届いています。
春はあちこちでお花が咲き、
この季節は散歩しながら紅葉も楽しめます。
ですので、この地域ではホームセンターや
ガーデンニングのお店が大人気。

私のお教室は八王子市にあるのですが、
最寄駅で良く使っているのはJRの日野駅。
そこから15分ほど歩いたところに
ガーデンニング&エクステリアのお店があります。

708.jpg

季節のお花や観葉植物等を買うことができ、
外には様々なガーデンデザインの実例が施されています。
洋風から和風モダンまで幅も広く、とても面白いです(^^)
店内にはお庭に関する雑貨もあって、
眺めているだけでも楽しいのですが、
さらにカフェ&レストランまであります。

706.jpg

お庭でランチって良いですねー。
この日は紅葉もしていて、
ポカポカ日和だったので
とっても気持ち良かったです!
デッキ席はペット同伴もOKのようです。

707.jpg

ランチはコースで1000円~と
リーズナブルなのに、美味しかったです!

704.jpg

デザートには「丹波黒豆のパウンドケーキ&抹茶アイス」
そしてお茶はお店のオリジナルで
「抹茶とミントとレモングラスの和風ブレンド」

705.jpg

お庭と一緒で、西洋風と和風を程よく融合させた
モダン和風な感じのデザート(^^)
丹波黒豆のパウンドケーキは一瞬チーズケーキ?
と思うくらい生地がしっとりしていて濃厚。
とってもお気に入りになったケーキです。

さて、ウチでも落ち葉掃きしなくっちゃ。。。

■ ウィズガーデン カフェ&レストラン

◇◆◇ ↓お琴教室の詳細はこちら↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

演奏中、段階的に考えていること

やっと銀杏が紅葉してきましたね。
街ではクリスマスイルミネーションも飾られ、
もう今年が終わるーと少々焦り気味の私です。

先週、温習会の合奏が始まりました。
合奏が始まると、みんなモチベーションが高まるのか、
指定合奏日の他にも、同じ曲を演奏する同士、
自主的に合奏の予定が組まれたりしています。

3314090.jpg

演奏中というのはどんな状態なんでしょう。
練習を重ねれば「何も考えず身体が動く」
などと言われますが、
まぁ、そこにたどり着くまでは大変です(^^;)
段階に応じて演奏中って
結構いろいろ考えています。

ただ、私が初心者だった時は演奏中、
何も考えられませんでした。
とにかく楽譜の数字に集中するのみ。

合奏になっても人の音なんて聞いている余裕がなく、
演奏が終わっても「はぁー終わった」と思うだけで、
自分の音が狂っていてもわかりません。
他の人の音を聞くと混乱するので、
自分のコントロールだけで精一杯。

なので合奏だと自分より上手い人でないと
まず合いません(^^;)
そう言えばこの頃、先生が演奏しながら
話かけてきたことがあってびっくりしました。
なぜ、演奏と会話が同時にできるんだろう!?と。

これからちょっと慣れてくると、今度は
曲の流れとか指の使い方が気になってきて、
音程の狂いなども直せるようになってきます。
そうするとこんなことを思ってます。

・ここは間違いやすい場所だから気を付けよう
・この間が崩れやすいので相手の音をよく聞いて
・よっしゃ、難しい箇所はなんとか乗り越えた!
・今の音狂ってない?私かな相手かな?
・あ!?ここはもうちょっと早く弾きたいのかな?
・音が外れたから次のタイミングで直そう などなど

なんとか他人に合わせられる余裕が出て、
自分と同じくらいの技量の人と一緒に
合奏できるという状態になります。

さらにもう少し行くと、弾いている最中、
相手の弾いてる音とどう合わせようか、
自分の音よりも相手の音に敏感になってきます。

・コース外れたけど頑張って戻ってきてー
・ここは相手が難しいところだからゆっくりと
・ここはハッキリ、ここは緩めて などなど。

もしかしてこの段階が一番演奏中に
考えているかもしれません。
自分ではペースを作れない初心者を
弾きやすいようにリードしてあげることができる状態。

邦楽(日本の伝統音楽)には基本的に
指揮者がいないので、合奏では「シテ」と
呼ばれる人がリードしてるんです。
なので他の人は、「シテ」の呼吸や
考えていることを察知しながら演奏します。

この「シテ」は自分のことは
当たり前にできていて、尚かつ
他の人をひっぱっていかなくてはならないので、
非常に難しいです。。。
先生が演奏中に会話できていた謎が解けました。
ちなみに、私はこの段階の修行中ですね。。。(^^;)

こうやって書いてみるとずいぶんと演奏中は
いろいろ考えているものです。
これが一人で演奏だともっと「無」になれる
チャンスがあるのでしょうが
合奏だとまだまだ「無」の状態とは
ほど遠い気します。。。(^^;)

この先にはたぶん何も考えずに
スッとすべての事が自然に
調和できるようになるんでしょうね。
合奏となると自分だけではなく、
相手もそのレベルでないと叶わないことです。

何も考えず無の状態で「曲」に添うことが
できる日が来るのでしょうか。
その日を夢見ています(^^)

◇◆◇ ↓お琴教室の詳細はこちら↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

柄のはっきりした小紋の帯選び

いきなり冷え込んで、秋はどこへ行ってしまったの~
と思っていましたが、最近はちょっと
秋の気配が戻ってきましたね。
せっかくの秋をもう少し楽しみたいですよね。

さて以前、合わせやすい帯はこれだ!
とブログに書きましたが、その中の一つの実例。
■ どんな着物にも合わせやすい帯

本来、着物好きの方は着物よりも帯を重視するようです。
着物がシックなものだと帯で色々遊ぶことができますが
こういう柄の多い小紋を選ぶと
合わせる帯を探すのが結構大変で、
つい同じものばっかりになってしまってますという例です(^^;)
襦袢は袖の長さを選ばない筒袖ばっかりです、ハイ。

この帯ではない時はマゼンダ色の帯を合わせてます。
単衣なので暑苦しくない色選びをしたいと思いつつ、
青系にしてしまうと寒々しいし、
結構帯選びが難しい着物。

697.jpg

オレンジ系だとやぼったい感じになってしまうし、
白だと浮くし、緑系も微妙。
こげ茶のシンプルな帯があるといいのかな?

698.jpg

この着物はもうこの帯!と決まってしまってます。
赤だと民芸調すぎるし、
辛子色とかの帯だったら合うかな?

420.jpg

この着物も結局コレが無難な感じ。
こげ茶の帯、黒の帯を合わせることも。

672.jpg

これは同じくベージュの博多帯を合わせたり、
同系色で臙脂系の濃淡の帯で合わせたり。

673.jpg

この帯、もう使いすぎているので、
他のものが欲しいと思いつつ、
なかなかそれぞれの着物に合う帯を選べずにいます。
うーん、柄のはっきりした着物は、
その柄の意味なども帯と合わないと
違和感があるし、選び方が難しいです。

着物を中心に選ぶと帯はシンプルなもの
帯を中心に選ぶと着物はシンプルなもの
になるんでしょうね。

もしくは両方ど派手に柄!というのも
アンティークの組み合わせでは良くありますね。
着物の場合、両方をシンプルにしてしまうと、
すごくさみしい感じがします。

◇◆◇ ↓お琴教室の詳細はこちら↓ ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

八王子の有名和菓子と千人同心

もうすっかり冬の気配でしょうか?
紅葉をまだ楽しんでいないような気がします(T.T)

さて、以前このブログで、
八王子のソウルフードならぬ、
ソウル和菓子と言えば
「都まんじゅうだよねー!」と書きましたが
■ 八王子のソウル和菓子「都まんじゅう」

もう一つ、子供の時から親しんでいた
和菓子と言えばこのお菓子!
葵の御紋が刻印されている「葵千人」。

699.jpg

作っているお店は創業文政元年開業の
青木万年堂さん。
八王子で200年近く続いている和菓子屋さんです!

670.jpg

チーズ味が好きで良く食べていました。
この黄身餡には八王子産の地卵が使われているそうです。
結構どっしりと大きいのですが、軽く食べられちゃいます。
八王子の駅ビル、セレオにも入っています。

あまりにも身近なお菓子だったので、
どこでも売っているのかと思っていたら、
八王子だけなんですね。
福島銘菓「ままどおる」や「博多通りもん」
を食べた時に「あ!懐かしい味がする」と思ったのは、
この葵千人と似ているからかな。
■ 青木万年堂

このお菓子は八王子の歴史に足跡を残す
「千人同心」の偉業を称えて作られました。
「千人同心」とは、江戸幕府の職制のひとつで、
武蔵国多摩郡八王子に配置された
郷士身分の幕臣集団のこと。
八王子の街には千人同心を率いた
大久保長安のこんな歴史図も。

671.jpg

今年は大久保長安没後400年だそうで、
記念イベントとしてスタンプラリーも
開催されているようです。
平成25年10月22日(火)~平成25年12月1日(日)
■ 大久保長安スタンプラリー

また今週はこの歴史街道でいちょう祭りが開催されます。
残念ながら、まだいちょうはあまり色づいていませんが、
週末、お散歩がてらに八王子散策、良さそうですよ(^^)
■ 八王子いちょう祭り

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

プロフィール

立川富美子

Author:立川富美子
♪音で繋がる楽しさを♪

琴は和楽器の中でも
初心者に優しい楽器。
音が綺麗なので弾いていて
とっても楽しいです。
合奏すると仲間もできて
さらに楽しみが増えますよ♪

楽器は苦手と思っている方、
初心者大歓迎です♪

東京都八王子市久保山町
敷地内駐車場完備

■アクセス■

八王子駅よりバスで20分
バス停より徒歩2分

日野駅よりバスで12分
バス停より徒歩3分

JR八高線「小宮」駅より
徒歩15分(送迎有)

日曜日 キャンセル待ち
水曜日 9:00~19:00
木曜日 9:00~10:00
月謝  50分×2回 7000円
入門料 4000円
体験レッスン 1000円

■お問い合せはお気軽に■
お教室の詳細はこちら
体験の様子はこちら

★ただ今、生徒さん募集中★
まずは体験に来てください!
TEL: 042-69-3664
Mail:kotofumiko@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おススメ情報


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
更新履歴


牡丹会のinstagramが開設されました (06/21)

習い事を辞めたくなる時 (06/12)

教室名とお稽古日変更のお知らせ (06/01)

小さな生徒さんの初顔合わせ (05/22)

どんな事に楽しさを感じる? (05/15)

YOKOTA WEST ELEMENTARY SCHOOLで琴のワークショップ (05/07)

箏曲の古典「春の曲」 (05/01)

生徒さんの着付け練習 (04/24)

生徒さんのお仕立て着物いろいろ (04/17)

お琴の生徒さん、三味線を始めました! (04/10)

総記事数:
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
プチ月別アーカイブ