平家落武者屋敷を移築したお店で鰻@八王子瓢箪

小さい頃から気になっていたお店があります。八王子駅近くの放射線通りにあるんですが、なんとなく気軽には入れないような不思議な佇まい。今回、勇気を出して初めて入ってみました。

583.jpg

このお店は表と裏に両方入り口があります。私が今回席についたのは1階北側玄関口「小上がり」。店内は重厚な雰囲気です。後で調べたら、能登から平家の落武者屋敷を移築した造りになっているようです。3階建てで、個室やお座敷もあってそちらも覗いてみたかった。

584.jpg

会席料理だけの高級料理店なのかと思っていたら、ランチには気軽に食べることのできるお弁当も。

こちらは地鶏瓦焼きと蒸しうなぎの丼「六瓢弁当」です。鰻も地鶏も甘さ控えめの上品なお味でした。茶碗蒸しも付いてるのでボリュームもしっかり。これで1000円は思ったよりリーズナブル!

585.jpg

小上りの建具を見ると「獅子と牡丹」が。この「獅子と牡丹」は伝統芸能ではよく出てくる題材ですね。歌舞伎で髪をつかんでぐるぐる回すのはこの獅子(想像上の生き物)です。この獅子、なんで牡丹とセットなのでしょう?

実はこの獅子、百獣の王と言われていますが、身体に寄生する虫が大の弱点なのです。寄生していながら、宿主の命を奪うという罰当たりな虫です。獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)ということわざは、内部にいながら害をもたらす者や、恩を仇で返す者の意味があります。

この寄生虫の薬となるのが牡丹の花に溜まる夜露なんです。なので獅子は牡丹と一緒にいると気持ちが安らぐんですね。この建具が平家の落武者屋敷にあったのかと思うと、なんだか色々な想像をしてしまいます。

ちなみに、筝曲でも獅子モノと言って「八千代獅子」「難波獅子」「御山獅子」とあるんですが、あまりここで言う獅子の意味は出てこず、おめでたいものの象徴的な扱いなのかなぁと。「石橋」はそのものずばり、歌舞伎の演目と繋がりがあります。と、色々と想像が駆け巡る古典って面白いですっ(^^)

586.jpg

土用の丑の日はこんな素敵な場所で鰻もいいですね。

■ 季節料理 瓢箪

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓

にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 東京都下、多摩地域
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

立川富美子

Author:立川富美子
♪音で繋がる楽しさを♪

琴は和楽器の中でも
初心者に優しい楽器。
音が綺麗なので弾いていて
とっても楽しいです。
合奏すると仲間もできて
さらに楽しみが増えますよ♪

楽器は苦手と思っている方、
初心者大歓迎です♪

東京都八王子市久保山町
敷地内駐車場完備

■アクセス■

八王子駅よりバスで20分
バス停より徒歩2分

日野駅よりバスで12分
バス停より徒歩3分

JR八高線「小宮」駅より
徒歩15分(送迎有)

日曜日 キャンセル待ち
水曜日 9:00~19:00
木曜日 9:00~10:00
月謝  50分×2回 7000円
入門料 4000円
体験レッスン 1000円

■お問い合せはお気軽に■
お教室の詳細はこちら
体験の様子はこちら

★ただ今、生徒さん募集中★
まずは体験に来てください!
TEL: 042-69-3664
Mail:kotofumiko@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おススメ情報


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
更新履歴


留学生のための和楽器体験授業@桜美林大学 (11/17)

2017年文化祭での演奏が無事終わりました (11/13)

お庭での披露宴で琴演奏@鎌倉長谷別邸 (11/05)

地元の文化祭での演奏告知@石川市民センター (10/29)

着物の雨コートと道中着 (10/19)

お庭と花を観る@富士森公園 (10/10)

新しい生徒さんのご紹介♪ (10/05)

間(ま)をきちんと取る (09/27)

北斎の娘が描いた三曲合奏図 (09/19)

琴と三味線の出張演奏@ライブラリ橋本 (09/11)

総記事数:
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
プチ月別アーカイブ