10月国立劇場歌舞伎 平家物語と獅子と牡丹

10月に国立劇場で行われた
一谷嫩軍記(いちじょうふたばぐんき)と
春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)を
観に行ってきました。
久しぶりの観劇です(^^)/

着物を着て行こうと思ったのですが大雨で挫折。
しかし会場にはたくさんの着物の方々。
昔より着物姿の人が増えてきたなーと思いました。
見ている方も華やいだ気持ちのなるのでいいですねー♪

693.jpg

一谷嫩軍記(いちじょうふたばぐんき)

平家物語の「熊谷直実が平家の敦盛を討った後に出家した」
ことを題材としています。
歌舞伎ではこの事実に敦盛が実は
後白河院のご落胤(今で言う私生児)という設定が加わり、
さらに物語を深くしています。

どーも私は軍記モノが苦手です。
婚姻関係などで人間関係が複雑に入り混じっていて、
誰が誰に対して味方で敵で?
と整理がつきません。。。
それを探ろうとすると、あっちにもこっちにも
物語が飛び火するし。
なので予習しようと思っても脳が拒否。

この物語では義経が熊谷直実に
敦盛を討てと命令するのですが、
義経は美しい若武者のイメージ、
同じく敦盛も笛の名手で若武者のイメージ。
さらに熊谷直実の息子も敦盛の替りとして登場するので、
物語の途中で混乱したり。。。(^^;)

また、各人それぞれの物語が隠されているので、
それをわからないと面白みは半減。
軍記モノはイヤホンガイドを借りた方が
絶対面白いのですが、そうすると義太夫を聴けないし。。。
物語を語る義太夫も言葉として聴いているというより
「いい声だなー」なんて聴いているので、
あまりストーリーとして頭に入ってこないのです(^^;)

ということで、途中混乱しながらも、
そのまま舞台を観て、家に帰って
疑問に思ったことを調べてみます。
そこでやっと「ああ、そうだったのかー!」
と腑に落ちたり。遅いって(^^;)
なので、もう一回同じ舞台を観たくなるんですね。

大雑把なあらすじしかわからなくても、
忠義のために、自分の子供を
殺さなければならない話ですから、
泣かずにはおれません。
松本幸四郎さんの息子、染五郎、
その息子の金太郎君がその役割を
演じるということがまたポイントですね。

舞台演出も遠近法を使っていたり、
人が演じる馬が颯爽と登場したり、
役者さんの豪華な甲冑姿など、
視覚的な見所も満載でした。

春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)

長唄の踊りの演目です。
歌舞伎と一言に言っても色々なジャンルがあります。
軍記モノ、世話モノ、能モノ、舞踊などなど。
私は歌舞伎の中でも特に舞踊が好きです!
三味線に鳴り物と和楽器勢揃いで、
踊りも観られるんですもの。

舞踊の伴奏で登場する三味線は何種類かあります。
これも演目によって違います。
義太夫、常盤津、清元、地唄、長唄など。
この演目では長唄三味線が使われています。

小姓という御台所などに仕える若い腰元が、
鏡開きの余興として一曲踊らされる、
という場面設定ではじまります。

まずは小姓役の染五郎さんの踊りがあります。
気が進まないので無理やり踊らされている
という設定なんだそう。
それがなんとも色っぽいんです。

次に胡蝶の精として
染五郎さんの息子、金太郎くん(8歳)と
中川中車(香川照之さん)の息子、団子くん(9歳)の
踊りが可愛らしいのなんの。
この年でもこんなに踊れるんだとびっくり。
染五郎さんの踊りは美しさで人を惹きこみましたが、
子供たちは会場中の母性を鷲づかみでした(^^)

小姓は獅子の精に乗り移られ、獅子に変身します。
可憐な少女と勇壮な獅子を踊り分けるって難しそうですね。
この瞬間から会場はさらに大盛り上がりです。
お客様の拍手って正直ですねー。
手を叩かずにはいられない気持ちになってしまいます。
久しぶりの観劇、楽しかったです!
歌舞伎を観た後は三味線が弾きたくなりますー(^^)

一谷嫩軍記では
「獅子身心の虫」という言葉が出てきました。
平家物語と獅子と牡丹の関係についてはこちら
■ 平家落武者屋敷を移築したお店@八王子瓢箪 

◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

立川富美子

Author:立川富美子
♪音で繋がる楽しさを♪

琴は和楽器の中でも
初心者に優しい楽器。
音が綺麗なので弾いていて
とっても楽しいです。
合奏すると仲間もできて
さらに楽しみが増えますよ♪

楽器は苦手と思っている方、
初心者大歓迎です♪

東京都八王子市久保山町
敷地内駐車場完備

■アクセス■

八王子駅よりバスで20分
バス停より徒歩2分

日野駅よりバスで12分
バス停より徒歩3分

JR八高線「小宮」駅より
徒歩15分(送迎有)

日曜日 キャンセル待ち
水曜日 9:00~19:00
木曜日 9:00~10:00
月謝  50分×2回 7000円
入門料 4000円
体験レッスン 1000円

■お問い合せはお気軽に■
お教室の詳細はこちら
体験の様子はこちら

★ただ今、生徒さん募集中★
まずは体験に来てください!
TEL: 042-69-3664
Mail:kotofumiko@yahoo.co.jp

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おススメ情報


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
更新履歴


単衣と浴衣を兼ね備えたキモノ (07/21)

夏休みに期間限定お琴体験 (07/14)

教える時に役立っている経験 (07/06)

留学生のための日本文化体験授業@桜美林大学 (06/28)

牡丹会のInstagramが開設されました (06/21)

習い事を辞めたくなる時 (06/12)

教室名とお稽古日変更のお知らせ (06/01)

小さな生徒さんの初顔合わせ (05/22)

どんな事に楽しさを感じる? (05/15)

YOKOTA WEST ELEMENTARY SCHOOLで琴のワークショップ (05/07)

総記事数:
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
プチ月別アーカイブ