70歳でもまだまだ現役!@秀山祭九月大歌舞伎

久しぶりに歌舞伎を観に行ってきました。
秀山祭九月大歌舞伎の昼の部です。
なぜ「秀山祭」とつくのかというと、
初代、中村吉右衛門の偉業を称えるお祭りなんですね。
ですので吉右衛門さんが出演します。

久しぶりにプライベートで着物を着ました。
ちょっと帯揚げが主張しすぎたかな。
9月なので単衣を。
あっという間に単衣の季節も終わりですね。

kabuki1409_2.jpg

鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)
その一部分として「菊畑」。
平清盛が全盛だった頃のお話で義経モノです。
舞台セットは菊の花と紅葉に彩られ、美しいのですが、
どうもこの演目と相性が悪いようです。
何度も観ているのですが、途中どうしても睡魔が。。。
ザ、古典!という演目は魅せるのが難しいですね。
観る方にもそれ相応の教養や勉強が必要となります。

次は隅田川続俤(すみだがわごにちのおもかげ)
の部分として「法界坊」。
こちらはとってもわかりやすくて面白いです!
女とお金が大好きなお坊さんのお話で、
この演目はNY公演にも選ばれたました。
勘三郎さんのイメージが強い演目でもありますね。

今回は吉右衛門さんの「法界坊」。
三枚目役、吉右衛門さんの面白さ、愛嬌、
二枚目役、仁左衛門さんの格好良さの対比がまた良くって!
お二人とも70歳とは思えない若々しさ。
これからもお元気なお姿を舞台で拝見したいです。

その後、双面水照月(ふたおもてみずにてるつき)
では、死んだはずの法界坊と野分姫が
お組という人物の姿に化けて出てくるということで、
三人の人物を演じ分けながら踊るという面白い趣向。
舞台両脇には義太夫と常盤津が並び、
重厚な義太夫が法界坊を、優美な常磐津が姫を
表現するように音を掛け合う様も面白かったです!

三味線のお稽古をしている方は、
それぞれの三味線の音や歌い方の
違いにも是非注目してみましょう(^^)/

kabuki1409_1.jpg

休憩時間に幕を観ていて「あー!これ夕顔だったんだ」
と改めて気づいたので写真を撮ってみました。
これを見ると朝顔のようなラッパ形とはだいぶ違いますね。
夕顔についてはこちらの過去記事をどうぞ。
■ 朝顔、昼顔、夕顔、夜顔の違い

kabuki1409_3.jpg

◇◆◇ ↓↓和の暮らしを楽しむお琴教室↓↓ ◇◆◇  
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子



↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

立川富美子

Author:立川富美子
♪音で繋がる楽しさを♪
お琴・三味線日曜教室

琴は和楽器の中でも
初心者に優しい楽器。
音が綺麗なので弾いていて
とっても楽しいです。
合奏すると仲間もできて
さらに楽しみが増えますよ♪

楽器は苦手と思っている方、
初心者大歓迎です♪

東京都八王子市久保山町
敷地内駐車場完備

■アクセス■

八王子駅よりバスで20分
バス停より徒歩2分

日野駅よりバスで12分
バス停より徒歩3分

JR八高線「小宮」駅より
徒歩15分(送迎有)

日曜日 10:00~19:00
月謝 25分×4回 7000円
 50分×2回 7000円
入門料 4000円
体験レッスン 1000円

■お問い合せはお気軽に■
お教室の詳細はこちら
体験の様子はこちら

★ただ今、生徒さん募集中★
まずは体験に来てください!
TEL:042-692-3664

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おススメ情報


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
更新履歴


小さな生徒さんの初顔合わせ (05/22)

どんな事に楽しさを感じる? (05/15)

YOKOTA WEST ELEMENTARY SCHOOLで琴のワークショップ (05/07)

箏曲の古典「春の曲」 (05/01)

生徒さんの着付け練習 (04/24)

生徒さんのお仕立て着物いろいろ (04/17)

お琴の生徒さん、三味線を始めました! (04/10)

生徒さんとお孫さん (04/03)

お琴と三味線の出張演奏再訪@練馬高松園 (03/29)

2017年生田流牡丹会の温習会 (03/20)

総記事数:
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
プチ月別アーカイブ