和の作家 宮尾登美子のきもの

宮尾登美子さんと言えば、芸枝娼妓紹介業を営む生家で生まれた女流作家。
花柳界の世界を描いた陽暉楼 (文春文庫)
日本の伝統文化をモチーフにした新装版 一絃の琴 (講談社文庫)きのね〈下〉 (新潮文庫)
「平家物語」宮尾本 平家物語〈1〉青龍之巻 (文春文庫)などの
歴史小説としても広く知られており、大好きな作家さんの一人です。

そんな宮尾登美子さんが出版したきもの本です。
これは数ある着物関係の本でも、一番眺めている本かもしれません。
小さな文庫本サイズなのに、写真も豊富で
なにより掲載されている着物が素晴らしい!
柔らかものから紬まで、本当に品の良い着物で見ていて飽きません。
宮尾さんの着物の趣味が、私が着物を選ぶ時の
基本となっているのかもしれません。
着物にまつわるエピソードも面白く、オススメの一冊ですよ!

きものがたり (文春文庫)きものがたり (文春文庫)
(2002/03)
宮尾 登美子

商品詳細を見る


◇◆◇ 和の暮らしを楽しもう ◇◆◇ 
お琴・三味線日曜教室【八王子・日野】
講師:立川富美子




↑↑↑和に関する情報がたくさんあってオススメです↓↓↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 習い事♪
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

見たくなりました

最近さらに和ものに癒されるようになりました。
着物が掛かっていると遠くから眺めています。目がほんとに保養です。

Re: 見たくなりました

ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます!
アート好き、文学好きの豆・茶湯猫さんには合うかも〜。
是非読んでみてくださいね。
着物は美術品としても素敵ですよね(^-^)/

> 最近さらに和ものに癒されるようになりました。
> 着物が掛かっていると遠くから眺めています。目がほんとに保養です。
プロフィール

立川富美子

Author:立川富美子
♪音で繋がる楽しさを♪
お琴・三味線日曜教室

琴は和楽器の中でも
初心者に優しい楽器。
音が綺麗なので弾いていて
とっても楽しいです。
合奏すると仲間もできて
さらに楽しみが増えますよ♪

楽器は苦手と思っている方、
初心者大歓迎です♪

東京都八王子市久保山町
敷地内駐車場完備

■アクセス■

八王子駅よりバスで20分
バス停より徒歩2分

日野駅よりバスで12分
バス停より徒歩3分

JR八高線「小宮」駅より
徒歩15分(送迎有)

日曜日 10:00~19:00
月謝 25分×4回 7000円
 50分×2回 7000円
入門料 4000円
体験レッスン 1000円

■お問い合せはお気軽に■
お教室の詳細はこちら
体験の様子はこちら

★ただ今、生徒さん募集中★
まずは体験に来てください!
TEL:042-692-3664

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
おススメ情報


にほんブログ村 その他趣味ブログ 和の趣味へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 八王子情報へ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
更新履歴


小さな生徒さんの初顔合わせ (05/22)

どんな事に楽しさを感じる? (05/15)

YOKOTA WEST ELEMENTARY SCHOOLで琴のワークショップ (05/07)

箏曲の古典「春の曲」 (05/01)

生徒さんの着付け練習 (04/24)

生徒さんのお仕立て着物いろいろ (04/17)

お琴の生徒さん、三味線を始めました! (04/10)

生徒さんとお孫さん (04/03)

お琴と三味線の出張演奏再訪@練馬高松園 (03/29)

2017年生田流牡丹会の温習会 (03/20)

総記事数:
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリ
プチ月別アーカイブ